ゼロからはじめるアフィリエイト

アフィリエイトの方法やASPに関する情報をメインに発信しています

 【ご相談やお問い合わせについて】

広告掲載などのお問い合わせがありましたら下記よりご連絡下さい

>>ご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ

note(ノート)

note(ノート)は副業禁止に該当する?バレない様にする方法も詳しく解説

更新日:

【おすすめのASP-もしもアフィリエイト】

・Wアップ報酬を用意しておりデフォルトの単価に10%分上乗せしてで報酬を払ってくれる

・プレミアム報酬制度があり新規の対象案件で1万円以上の成果を上げると最大1案件につき3万円貰える(最大3万円x4案件=12万円)

・楽天アフィリエイトは直でやるとある一定の金額迄は楽天ポイント支払いなのですが、もしもアフィリエイト経由であれば日本円で振り込んで貰う事が可能です

・キーワードマッチ機能があり登録したサイトのキーワードにマッチしている広告を自動で検出して教えてくれる機能あり

・担当者も付きやすく特別単価の相談もしやすい

・広告の出稿を検討されている方にも無料で広告出稿が出来て成果が出た場合にのみ報酬を支払えば良いのでおすすめです(上質な顧客を継続して無料で集客する事が可能です)

>>もしもアフィリエイトの登録がまだの方はこちらから

【おすすめASP-もしもアフィリエイト】

Wアップ報酬で通常報酬にデフォルトで10%上乗せ!更にプレミアム報酬制度で対象新規案件で1万円以上確定で1~3万円を別途上乗せ!

>>もしもアフィリエイトの登録がまだの方はこちらから

【おすすめASP-もしもアフィリエイト】

Wアップ報酬で通常報酬にデフォルトで10%上乗せ!更にプレミアム報酬制度で対象新規案件で1万円以上確定で1~3万円を別途上乗せ!

>>もしもアフィリエイトの登録がまだの方はこちらから

note(ノート)は有料コンテンツを販売することで、上手に活用すればかなりの副収入を得ることもできます。ただ、会社員や公務員の方は本業で副業が禁止されていることも多いでしょう。

そこで本記事では、note(ノート)はそもそも副業禁止に該当するのか、副業禁止に該当するとしたら会社にバレない方法はあるのかを詳しく解説していきます。

note(ノート)は副業禁止に該当する?バレない様にする方法も詳しく解説

note(ノート)が副業禁止に該当するかどうかは会社による

note(ノート)が副業禁止に該当するかどうかは、各会社の就業規則によります。

多くの会社の副業禁止規定は、「業務に支障をきたすような副業は、これを禁止する」といったような文言になっています。

だとすれば、note(ノート)で収入を得るために日夜徹夜をして、勤務時間中に居眠りすることでもなければ副業禁止にはあてはまらないと考えられます。

逆に言えば、休日や退勤後の時間を使ってnote(ノート)で収入を得ても、業務に影響がなければ自由とも解釈できます。

そもそも、副業がどこからの範囲を指すのかというのはあいまいな問題です。オークションなどで商品を一度だけ転売するのと繰り返し利益を得ているのでは、行為は同じで利益だけが違います。

このように、note(ノート)が副業禁止に該当するかどうかは非常にあいまいなところです。

ただ、多くの会社は、業務に影響があるかどうかではなく、副業で収入を得ている事実だけで副業禁止規定に該当すると解釈しがちです。本来、その労力を業務に向けてもらえれば会社としても利益があがることが期待できるからでしょう。

結論として、note(ノート)が副業禁止に該当するかどうかは会社によりますが、そもそも前提として、バレなければ副業禁止に該当することもない、ということになります。

note(ノート)で副業しているのがバレる原因は住民税

では、副業禁止の会社でnote(ノート)で副業しているのをバレないようにするには、どうすれば良いのでしょうか。

会社の備品を使ったり、勤務時間内に内職してnote(ノート)を執筆するような大胆なことをしない限り、勤務態度から副業がバレることはないでしょう。多くの場合、副業がバレるのは会社が住民税の計算をするタイミングです。

ほとんどの民間企業は、本来、個人が行うべき社会保険の計算と支払いを代行しています。支払うべき社会保険のうち所得税と住民税が源泉徴収として給与から天引きされていることを目にしたことがない社会人の方はあまりいないでしょう。

すなわち、企業は社員が年間にどのくらいの住民税を支払うべきかを把握しており、この税額が異常に多い場合、社員がなんらかの副業をしているのではないかと気づくのです。

企業に個人が支払うべき所得税額を通知するもとになる情報は、確定申告です。

一般的なサラリーマンは、給与収入以外に所得がないので確定申告の必要はありません。

しかし、note(ノート)などで副業収入がある場合で、以下の条件に該当する方は確定申告をしなければなりません。

・個人事業主として青色申告をしている

・給与以外の副業収入が20万円以上ある

給与以外の副業収入が20万円以内の場合は、所得税の計算上、控除できるため問題ありません。しかし、20万円以上の副業収入は、所得税の金額に影響してくるため確定申告の必要が生じます。

所得税は住民税額の計算のもとになります。結果として、確定申告した所得税額にもとづいた支払うべき住民税額が企業に通知され、副業がバレる原因となるのです。

note(ノート)で副業がバレない様にするには確定申告で普通徴収を選択する

確定申告では住民税の徴収方法を、普通徴収と特別徴収の2つから選択することができます。

特別徴収は、企業が給与から天引きする住民税の徴収方法です。対して、普通徴収は、企業に代行させず個人が住民税を自分で支払う方式です。

確定申告で納税方法に普通徴収を選択すれば、note(ノート)で得た副業収入にともなって支払うべきとなった住民税額は企業に通知されないため副業はバレません。

ここで、通常、副業禁止としている企業は、住民税を天引きする必要がなくなったことをいぶかしく思うのではないかと疑問に思うかもしれません。

しかし、確定申告で選択した普通徴収になる納税額は、あくまでnote(ノート)で得た副業収入にかかる納税額だけです。会社が天引きする住民税額は変わりませんので心配ありません。

当たり前ですが、この方がいうように、確定申告を怠るのは違法なうえに税務調査で副業していることがバレるリスクがあります。 面倒がらずにしっかりと確定申告しましょう。

公務員の場合note(ノート)は副業禁止に該当する可能性が高い

ここまでは、一般企業にお勤めの方がnote(ノート)で副業しているのをバレない様にする方法をご説明してきました。

しかし、公務員の場合は事情が大きく変わってきます。

一般企業の場合はnote(ノート)が副業に該当するのかどうかは就業規則によるということでした。しかし、公務員は法律により一般企業にくらべてより強く副業が禁止されています。

たとえば、他の会社の社員を兼務することも自営で事業を営むことも、明確に法律で禁止されています。

ただこれは、裏を返せば他の会社の社員でもなく自営業でもなければ副業禁止には該当しないということなので、単なる投資などは一般的に問題ないとされています。

ではnote(ノート)はどうかというと、コンテンツを販売する行為はやはり営利の側面があるため、公務員の副業禁止規定に該当するかどうかは非常に怪しいところです。

単純にコンテンツを販売するのであれば、純文学などを執筆して作家として活動している公務員もnote(ノート)でコンテンツを販売するのと変わりありません。副業禁止に該当しそうなものです。

しかし、作家活動は営利活動ではなく表現活動とみなされるため副業禁止に該当しないとされています。

したがって、note(ノート)執筆が純粋な表現活動だと語れるかどうかというところが、副業禁止に該当するかどうかのポイントになります。

ただ、昨今は世間的に公務員の副業禁止解禁の流れもあります。今後、徐々に公務員の副業禁止ルールも緩やかになっていくのではないかと思います。

note(ノート)は副業禁止に該当する?バレない様にする方法も詳しく解説

note(ノート)が副業禁止に該当するかどうかは、一般的の場合は就業規則によります。公務員の場合は営利の側面があると副業禁止とされやすいため、一般企業よりも副業とみなされやすくなっています。

副業がバレる原因は、多くの場合、会社が天引きしている住民税額の変化が原因です。自分で確定申告をして普通徴収を選択すれば、会社に住民税の急激な変化を悟らせず、note(ノート)で副業しているのばバレるリスクをおさえられます。

【おすすめのASP-もしもアフィリエイト】

・Wアップ報酬を用意しておりデフォルトの単価に10%分上乗せしてで報酬を払ってくれる

・プレミアム報酬制度があり新規の対象案件で1万円以上の成果を上げると最大1案件につき3万円貰える(最大3万円x4案件=12万円)

・楽天アフィリエイトは直でやるとある一定の金額迄は楽天ポイント支払いなのですが、もしもアフィリエイト経由であれば日本円で振り込んで貰う事が可能です

・キーワードマッチ機能があり登録したサイトのキーワードにマッチしている広告を自動で検出して教えてくれる機能あり

・担当者も付きやすく特別単価の相談もしやすい

・広告の出稿を検討されている方にも無料で広告出稿が出来て成果が出た場合にのみ報酬を支払えば良いのでおすすめです(上質な顧客を継続して無料で集客する事が可能です)

>>もしもアフィリエイトの登録がまだの方はこちらから

【おすすめのASP-マネートラック】

マネートラックは比較的新しいASPで即日報酬制度の導入や他ASPに無い案件も多く取扱っているASPです

おすすめの案件の一例としては「ボクサープレス」総額報酬は1000万円を越えている競争力のある商品です。twitterなどのSNSでの利用も可能ですので戦略の幅が広がると思います。美容・健康・お悩み系ジャンルで報酬が高く面白い案件もあるASPです

>>マネートラックの登録がまだの方はこちらから

アフィリエイトASPのマネートラック

-note(ノート)

Copyright© ゼロからはじめるアフィリエイト , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.