ゼロからはじめるアフィリエイト

アフィリエイトの方法やASPに関する情報をメインに発信しています

 【ご相談やお問い合わせについて】

広告掲載などのお問い合わせがありましたら下記よりご連絡下さい

>>ご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ

note(ノート)

note(ノート)の年齢制限を分かりやすく解説

更新日:

【おすすめのASP-もしもアフィリエイト】

・Wアップ報酬を用意しておりデフォルトの単価に10%分上乗せしてで報酬を払ってくれる

・プレミアム報酬制度があり新規の対象案件で1万円以上の成果を上げると最大1案件につき3万円貰える(最大3万円x4案件=12万円)

・楽天アフィリエイトは直でやるとある一定の金額迄は楽天ポイント支払いなのですが、もしもアフィリエイト経由であれば日本円で振り込んで貰う事が可能です

・キーワードマッチ機能があり登録したサイトのキーワードにマッチしている広告を自動で検出して教えてくれる機能あり

・担当者も付きやすく特別単価の相談もしやすい

・広告の出稿を検討されている方にも無料で広告出稿が出来て成果が出た場合にのみ報酬を支払えば良いのでおすすめです(上質な顧客を継続して無料で集客する事が可能です)

>>もしもアフィリエイトの登録がまだの方はこちらから

【おすすめASP-もしもアフィリエイト】

Wアップ報酬で通常報酬にデフォルトで10%上乗せ!更にプレミアム報酬制度で対象新規案件で1万円以上確定で1~3万円を別途上乗せ!

>>もしもアフィリエイトの登録がまだの方はこちらから

【おすすめASP-もしもアフィリエイト】

Wアップ報酬で通常報酬にデフォルトで10%上乗せ!更にプレミアム報酬制度で対象新規案件で1万円以上確定で1~3万円を別途上乗せ!

>>もしもアフィリエイトの登録がまだの方はこちらから

note(ノート)は音声や文章、イラストや漫画など、自分の作った作品を有料や無料で公開できるサービスです。

実際に、個人がnote(ノート)で自分の作品を公開し、大きな収益をあげたり知名度をあげたりという事例は多くなってきました。

そんな中で、未成年の方の中でもnote(ノート)を利用してみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、note(ノート)には年齢制限があるのか、また何かしらの年齢による規制があるのかどうかを詳しく調べてみました。

note(ノート)の年齢制限を分かりやすく解説

小説・コラム・漫画・音声・イラストなど、自分の作った作品を公開してファンを集めることができるサービスのnote(ノート)。

そんなnote(ノート)では、作品を有料で公開するか無料で公開するかを公開する側であるクリエイターが決定することができます。

そのため、自分の作った作品を収益化させることもビジネスとして発展させていくことも可能です。

多くの可能性をひめたサービスであるnote(ノート)ですが、有料のサービスも多いため未成年が利用できるのかどうか気になる人もいるでしょう。

実際にnote(ノート)を使っている未成年の方も、見つけることができます。

note(ノート)には年齢制限が設けられていない

まずnote(ノート)の公式サイトにて利用規約などを確認してみましたが、年齢で利用を制限するような記述は見当たりませんでした。

このようなことからもnote(ノート)では、利用の際に年齢制限をかけていないということがわかります。

つまりnote(ノート)は購入も販売も年齢に関係なくできるということになりますね。

note(ノート)には年齢制限がないがクレジットカードが必要?

しかし、未成年の方の多くが困っているのが、note(ノート)の決済方法が基本的にクレジットカードであるという点です。

note(ノート)では、大手キャリアによるケータイの月額払いなどにも対応していますが、多くの人がクレジットカード払いで決済を行なっています。

基本的に18歳未満の方はクレジットカードを持つことができないため、有料note(ノート)や有料マガジンが購入できないと困っている方も多いようです。

親権者などに頼んで有料のものを購入することもできますが、クレジットカードを登録するのであれば本人名義である必要があります。

そのためnote(ノート)への登録自体を親権者にしてもらわなければならなくなります。

また、note(ノート)自体が比較的新しいサービスであることなどから、親権者にnote(ノート)の購入を頼んでも「怪しいから」と断られてしまうケースも多くなっています。

note(ノート)を年齢が理由で購入できない人の中にはVプリカを利用する人も

クレジットカードを持っていないので、note(ノート)で購入ができないという未成年の方も多いでしょう。

ケータイ払いの他にnote(ノート)にてクレジットカードを利用しない支払い方法について調べてみましたが、Vプリカ払いであれば対応しているようです。

Vプリカとはネット専用のVISAプリペイドカードの事で、クレジットカードのようにカード番号やセキュリティコードが利用できます。

またVプリカはインターネットからの申し込みやコンビニでの購入なども可能です。

ただしVプリカも申し込みは18歳以上となっているので、購入の際には親権者に購入してもらうことになるでしょう。

また、その他のデビットカード決済やLinePay(ラインペイ)などの決済方法にはnote(ノート)は対応していません。

18歳以下でnote(ノート)をケータイ払い以外で利用するのであれば、Vプリカを利用する方法が一般的になってくるでしょう。

note(ノート)の年齢制限はないが未成年が利用しても安全なのか?

note(ノート)は、作品を公開・販売をする側も購入したり購読する側にも年齢制限はありません。

そのため会員登録などをする際に、本人確認書類の提出なども不要であり、実年齢が何歳なのかは登録の段階ではわかりません。

よって未成年がnote(ノート)にて作品を公開・販売しても大人と同じルールの元にサービスが提供されます。

このような部分は、リアルな社会よりも未成年に対して自由があるとも解釈できますが、自己責任が前提で運用していくという面ではリスクとなる可能性もあるでしょう。

note(ノート)にて万が一トラブルが発生した場合には、運営に通報するなどの対処法がありますが、中には運営では対処しきれず裁判沙汰に発展するケースもあります。

特に未成年に多いトラブルとしては、作品の盗作や転売などがあるようです。

未成年がnote(ノート)を利用する際には、ネット上のルールや作品公開のルールなどをよく学んでから利用することをおすすめします。

note(ノート)の年齢制限を分かりやすく解説まとめ

今回は、note(ノート)の年齢制限を分かりやすく解説してきました。

note(ノート)には、利用に年齢制限は設けられておらず未成年でも登録して利用することが可能です。

ただし購入の際にはクレジットカード決済が一般的となっているので、クレジットカードを持っていない未成年の方は利用しにくいという声も上がっています。

決済はクレジットカード以外にもケータイ払いやVプリカでの支払い方法などがあるので、何かしらの方法を利用して未成年でもnote(ノート)を購入することは可能です。

note(ノート)は、年齢制限がない代わりに未成年でも利用の自由度は高いのですが、その分成人同様の扱いになります。

ネット上では多くの危険がありますので、ユーザー間のトラブルなどがないようネットリテラシーをできるだけ高めて利用するようにしてください。

【おすすめのASP-もしもアフィリエイト】

・Wアップ報酬を用意しておりデフォルトの単価に10%分上乗せしてで報酬を払ってくれる

・プレミアム報酬制度があり新規の対象案件で1万円以上の成果を上げると最大1案件につき3万円貰える(最大3万円x4案件=12万円)

・楽天アフィリエイトは直でやるとある一定の金額迄は楽天ポイント支払いなのですが、もしもアフィリエイト経由であれば日本円で振り込んで貰う事が可能です

・キーワードマッチ機能があり登録したサイトのキーワードにマッチしている広告を自動で検出して教えてくれる機能あり

・担当者も付きやすく特別単価の相談もしやすい

・広告の出稿を検討されている方にも無料で広告出稿が出来て成果が出た場合にのみ報酬を支払えば良いのでおすすめです(上質な顧客を継続して無料で集客する事が可能です)

>>もしもアフィリエイトの登録がまだの方はこちらから

【フリーランスで働きたい方はMIDWORKSもおすすめ】

MIDWORKSはフリーランスのITエンジニア向けの仕事案件が多く掲載されている専門サイトです。ITエンジニアの方はフリーランスになる事で大幅に高い報酬の案件を受ける事も可能です。自由な働き方に憧れはあるけど不安定さに先行きが不安という方にもおすすめです

>>MIDWORKSの詳細ページはこちらから

-note(ノート)

Copyright© ゼロからはじめるアフィリエイト , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.