ゼロからはじめるアフィリエイト

アフィリエイトの方法やASPに関する情報をメインに発信しています

 【ご相談やお問い合わせについて】

広告掲載などのお問い合わせがありましたら下記よりご連絡下さい

>>ご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ

note(ノート)

note(ノート)の手数料を分かりやすく解説

更新日:

【最初に押さえておきたい大手&報酬の良いおすすめASPランキング】

【1位】もしもアフィリエイトの詳細ページはこちらから(Wアップ報酬で12%追加報酬があるので特におすすめ)

【2位】A8.netの詳細ページはこちらから

【3位】afbの詳細ページはこちらから

【4位】マネートラックの詳細ページはこちらから

【最初に押さえておきたい大手&報酬の良いおすすめASPランキング】

【1位】もしもアフィリエイトの詳細ページはこちらから(Wアップ報酬で12%追加報酬があるので特におすすめ)

【2位】A8.netの詳細ページはこちらから

【3位】afbの詳細ページはこちらから

【4位】マネートラックの詳細ページはこちらから

【最初に押さえておきたい大手&報酬の良いおすすめASPランキング】

【1位】もしもアフィリエイトの詳細ページはこちらから(Wアップ報酬で12%追加報酬があるので特におすすめ)

【2位】A8.netの詳細ページはこちらから

【3位】afbの詳細ページはこちらから

【4位】マネートラックの詳細ページはこちらから

文章や動画などを公開しながら自分の作品を販売できるオンラインサービスのnote(ノート)。

そんなnote(ノート)を利用して、お小遣い稼ぎをしたりビジネスをはじめたいと考えている人もいますよね。

しかしnote(ノート)で作品を販売するのであれば、気になってくるのが手数料です。

note(ノート)で作品を販売するためには、どれくらいの手数料が必要になってくるのでしょうか。

そこで今回は、note(ノート)の手数料についてわかりやすく解説していきます。

note(ノート)の手数料を分かりやすく解説

文章・音声・イラスト・動画など、オンライン上の好きなジャンルの作品が公開できるnote(ノート)。

これまで出版社や広告代理店、レコード会社などを介さなければ世に出ることができなかったクリエイターが個人の力で知名度をあげることが可能になってきました。

note(ノート)への登録には年齢制限や審査は不要であり、誰でも自分の作ったものを無料または有料にて公開することができるようになっています。

有料の場合には、自分の好きな価格で作品を販売することが可能であり、販売の際にも月額料金などは発生しません。

ただし、作品が売れた際には販売数に対して一定の手数料が発生します。

note(ノート)の手数料はこの2つ

note(ノート)で作品を販売する際の手数料は、おもに以下の2つになります。

  • 決済手数料
  • プラットフォーム利用料

それでは実際にそれぞれの手数料の内容とかかってくる金額について見ていきましょう。

note(ノート)の手数料 決済手数料

まず1つめの手数料としてあげられるのが、note(ノート)の決済手数料です。

note(ノート)で売買が行われる場合、クレジットカードやケータイ払いなどを利用する必要があるので、その決済手続きにかかる手数料が発生します。

決済方法によっても手数料の額は異なっており、以下のように設定されているようです。

  • クレジットカード決済の場合の決済手数料...売上金額の5%
  • ケータイキャリア決済の場合の決済手数料...売上金額の15%

たとえば、自分の書いた小説を1000円で販売した場合、クレジットカードでの決済であれば5%分の50円が決済手数料として差し引かれます。

また、自分の書いた小説を1000円で販売した場合、ケータイキャリア決済であれば15%分の150円が決済手数料として差し引かれる仕組みです。

note(ノート)の手数料 プラットフォーム利用料

note(ノート)を販売する際のもう一つの手数料となるのが、プラットフォーム利用料です。

プラットフォーム手数料とは、簡単に言ってしまえばnote(ノート)の使用料・家賃のようなものでしょう。

プラットフォーム利用料は、売上から決済手数料を引いた金額の10%が徴収されることになります。

また定期購買マガジンの場合には、プラットフォーム利用料が20%にアップするので注意してください。

たとえば自分の書いた小説を1000円で販売し、クレジットカード決済であれば5%分である50円がまずは決済手数料で差し引かれます。

さらに残った売上の950円からプラットフォーム手数料分の10%である95円が売上から差し引かれることになるのです。

note(ノート)の手数料は安い?高い?に関する口コミ

販売が成立すると決済手数料とプラットフォーム手数料が徴収されるnote(ノート)ですが、ここからは実際の利用者の口コミを見ていきましょう。

こちらの方の場合、売上としてはnote(ノート)にて50万円ほど売り上げていますが、手数料を差し引くと実際の手取りは42万円代まで下がります。

このようにnote(ノート)にて数十万円から数百万円の売上がある人であれば、比例するように手数料も高額になってしまうでしょう。

金額だけを見れば、note(ノート)の手数料がかなり高く感じてしまいます。

またnote(ノート)の手数料は決済方法に何を利用したのかや、ノートとマガジンのどちらを購入したのかなどによっても手数料が変わってきます。

そして組み合わせによっては、最大で35%の手数料が発生してしまう可能性もあるのです。

たとえば100万円の売上があったとしても、35%の手数料が徴収されれば手取りは65万円まで下がります。

このようなことからも、手数料を考慮して販売するものも選んで行かなければならなそうです。

ただし、note(ノート)の手数料が高いという口コミが多いからと言って、note(ノート)の利用価値がないという訳ではありません。

note(ノート)はやはり巨大なプラットフォームサービスですので、集客力があるというのが大きなメリットです。

そのためnote(ノート)でなければそこまで売上られなかったという作品も多くなっているでしょう。

全くの無名やかけだしのクリエイターでファンがいないような状態であれば、note(ノート)を利用するメリットも大きくなります。

note(ノート)の手数料を分かりやすく解説まとめ

今回は、note(ノート)の手数料を分かりやすく解説してきました。

note(ノート)で販売を行う場合には、決済手数料とプラットフォーム手数料が発生します。

note(ノート)の手数料は基本的に高いという口コミが多くなっていますが、その代わりに集客力やファン層を集めやすいというメリットもあるようです。

最初はnote(ノート)の公開から始めて、徐々に独自のプラットフォームを持っていくなどの手段を使うこともできるでしょう。

【最初に押さえておきたい大手&報酬の良いおすすめASPランキング】

【1位】もしもアフィリエイトの詳細ページはこちらから(Wアップ報酬で12%追加報酬があるので特におすすめ)

【2位】A8.netの詳細ページはこちらから

【3位】afbの詳細ページはこちらから

【4位】マネートラックの詳細ページはこちらから

-note(ノート)

Copyright© ゼロからはじめるアフィリエイト , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.