ゼロからはじめるアフィリエイト

アフィリエイトの方法やASPに関する情報をメインに発信しています

 【ご相談やお問い合わせについて】

広告掲載などのお問い合わせがありましたら下記よりご連絡下さい

>>ご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ

note(ノート)

note(ノート)の特定商法取引法に基づく表記を分かりやすく解説

更新日:

【最初に押さえておきたい大手&報酬の良いおすすめASPランキング】

【1位】もしもアフィリエイトの詳細ページはこちらから(Wアップ報酬で12%追加報酬があるので特におすすめ)

【2位】A8.netの詳細ページはこちらから

【3位】afbの詳細ページはこちらから

【4位】タウンライフアフィリエイトの詳細ページはこちらから

小説や漫画、ノウハウの公開など、クリエイティブな作品や情報を個人が発信できるサービスであるnote(ノート)。

そんなnote(ノート)を利用して、大きな利益をあげたいと思っている人もいるかもしれません。

しかしnote(ノート)をメインの収入源にしたいとか、大きな利益をあげたいと考えている人であれば特定商法取引法について学んでおく必要があるでしょう。

ここでは、note(ノート)の特定商法取引法に基づく表記について、できるだけ分かりやすく解説していきます。

note(ノート)の特定商法取引法に基づく表記を分かりやすく解説

note(ノート)でコンテンツを売買し大きな収益をあげているという人も多いでしょう。

note(ノート)で収益をあげているのであれば注意しなければならないのが、特定商法取引法です。

特定商法取引法では、note(ノート)を利用して一定の収入をあげている人であれば状況に応じて住所などの情報を開示する必要があります。

note(ノート)の特定商法取引法とは?

そもそもnote(ノート)にて適用されている特定商法取引法とは、消費者の利益を守るために作られた事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防ぐための法律です。

インターネットなどの通信販売は、販売元の正体がわかりにくく商品を実際に見ずに購入するというパターンがほとんどです。

実物を見ずに売買が行われるのでトラブルが発生しやすく、顧客が安心して利用できない状況に陥る危険性が高いといえるでしょう。

このようなトラブルを防ぐために作られたのが、特定商法取引法です。

特定商法取引法で決められていること

特定商法取引法では以下のようなことを販売元に義務づけしています。

  • 事業者名、連絡先、住所などの事業者情報の公開
  • 返品制度の明確な表示
  • 前払い通販の承諾通知

など。

この他にも契約内容についての書類をわかりやすいものにするなど消費者とのトラブルを防ぐための規約がいくつか設けられているのです。

note(ノート)でのコンテンツ公開は特定商法取引法に該当するのか?

次に特定商法取引法が該当する取引には以下のようなものがあります。

  • 訪問販売
  • 通信販売
  • 電話勧誘販売
  • 特定継続的役務提供
  • 業務提供誘引販売取引
  • 連鎖販売取引

など。

コンテンツを有料化して売買できるnote(ノート)は通信販売と考えられます。

そのためnote(ノート)を有料で公開しようとした場合には事業者情報などを公開する義務が発生することになってくるでしょう。

note(ノート)でコンテンツ公開している全ての人が特定商法取引法に該当する訳ではない

note(ノート)での有料コンテンツの公開は通信販売などに該当するため、ノートでコンテンツを販売する人の全てが住所などの個人情報を公開しなければならないと感じるかもしれません。

またコンテンツ購入者側から個人的に、住所や氏名などの個人情報を公開するように要請される場合もあるでしょう。

しかしnote(ノート)で有料コンテンツを販売している人の中でも特定商法取引法に基づき個人情報を公開しなければならないのはほんの一部の人になります。

note(ノート)の利用規約には、以下に該当する人であれば特定商法取引法に基づき個人情報を公開する必要があると言われているのです。

  • 過去1ヶ月に200点以上又は一時点において100点以上の商品を新規出品している場合
  • 落札額の合計が過去1ヶ月100万円以上の場合
  • 落札額の合計が過去1年間に1000万円以上の場合

つまり上記のいずれかに該当していない人は、たとえnote(ノート)にて有料コンテンツを販売しても特定商法取引法に基づく表記において氏名や住所などの個人情報を公開する必要はありません。

note(ノート)の特定商法取引法に該当しないのに、ユーザーから情報の開示を求められたら情報を開示すべき?

自分のnote(ノート)をユーザーに販売していく中で、ユーザー側から実名や住所などの情報公開を求められる可能性もあるでしょう。

しかしこのような場合でも、先ほど述べた条件を満たしていなければ情報を開示する義務はありません。

つまり、ユーザー側から情報の開示を要求されても条件を満たしていなければ要求に応じる必要はないのです。

note(ノート)の特定商法取引法に基づく表記に当てはまる場合、どこに表記すれば良いのか?

先ほど説明したnote(ノート)にて特定商法取引に基づく表記を義務付けられる条件に該当した場合、どこに表記をすれば良いのでしょうか?

note(ノート)でコンテンツ販売を行なっている該当者はnote(ノート)公式サイトの右上にあるアカウントボタンから「アカウント設定」→「特商法表記に関する設定」にて設定を変更するようにしてください。

note(ノート)の特定商法取引法に基づく表記にて不明点があれば問い合わせ窓口にて相談を

note(ノート)を利用していく中でnote(ノート)の特定商法取引法に基づく表記についてわからない部分があれば、特定商取引法の相談窓口に相談してみるのもおすすめです。

消費者ホットラインや国民生活センターに問い合わせをすることで、相談に乗ってもらうことができますよ。

不明点については、ダイレクトに相談してみるとすぐに問題が解決できることが多くなっています。

note(ノート)の特定商法取引法に基づく表記を分かりやすく解説まとめ

今回は、note(ノート)の特定商法取引法に基づく表記を分かりやすく解説してきました。

note(ノート)では一定の条件を満たす場合に、情報の開示が必要になってくるようです。

ただし、グレーな部分も少なからず存在するので、不明点についてはnote(ノート)公式や特定商取引法の相談窓口に問い合わせをするようにしましょう。

-note(ノート)

Copyright© ゼロからはじめるアフィリエイト , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.