ゼロからはじめるアフィリエイト

アフィリエイトの方法やASPに関する情報をメインに発信しています

 【ご相談やお問い合わせについて】

広告掲載などのお問い合わせがありましたら下記よりご連絡下さい

>>ご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ

note(ノート)

note(ノート)の税金と確定申告を分かりやすく解説

投稿日:

【最初に押さえておきたい大手&報酬の良いおすすめASPランキング】

【1位】もしもアフィリエイトの詳細ページはこちらから(Wアップ報酬で12%追加報酬があるので特におすすめ)

【2位】A8.netの詳細ページはこちらから

【3位】afbの詳細ページはこちらから

【4位】タウンライフアフィリエイトの詳細ページはこちらから(高単価&高承認率の独自案件が多数あり)

【最初に押さえておきたい大手&報酬の良いおすすめASPランキング】

【1位】もしもアフィリエイトの詳細ページはこちらから(Wアップ報酬で12%追加報酬があるので特におすすめ)

【2位】A8.netの詳細ページはこちらから

【3位】afbの詳細ページはこちらから

【4位】タウンライフアフィリエイトの詳細ページはこちらから(高単価&高承認率の独自案件が多数あり)

【最初に押さえておきたい大手&報酬の良いおすすめASPランキング】

【1位】もしもアフィリエイトの詳細ページはこちらから(Wアップ報酬で12%追加報酬があるので特におすすめ)

【2位】A8.netの詳細ページはこちらから

【3位】afbの詳細ページはこちらから

【4位】タウンライフアフィリエイトの詳細ページはこちらから(高単価&高承認率の独自案件が多数あり)

自分のnote(ノート)を作品として公開して、利益をえているという人も増えてきました。

また自分のビジネスで効果的に収益をあげるためにnote(ノート)にて情報商材を購入したという人もいるのではないでしょうか。

note(ノート)で一定の売上が立ち利益が出ている場合には、確定申告の必要があるかもしれません。

また自分で事業をやっている人であれば、使い方によってnote(ノート)で購入したものが経費計上できる可能性もありますよ。

そこで今回は、note(ノート)の税金と確定申告を分かりやすく解説していきます。

note(ノート)の税金と確定申告を分かりやすく解説

イラストや文章など自分の作品を有料にて公開することで、note(ノート)で利益をあげているという人も少なくありません。

その中でも、一定以上の条件に当てはまる人であれば、note(ノート)の売上を確定申告にて申告する必要があります。

そもそも確定申告とは、毎年1月1日から12月31日の1年間分の所得にかかる税金(所得税及び復興特別所得税)の額を計算して、税金を収めるという手続きのことです。

全ての人が確定申告をする必要はありませんが、以下の事項に当てはまる人であれば確定申告が必要な可能性があるでしょう。

  • 業種に関わらず個人事業を営んでおり青色申告をしている
  • 給与を受け取っているが、他に副業の収入合計が20万円を超えている人

など。

他にも給与の年間収入金額が2000万円を超える人や、複数の会社から給与を受け取っている人も確定申告が必要になってきます。

自分が確定申告の必要があるかどうかは、国税庁の公式サイトなどで確認するようにしてください。

note(ノート)で売上をあげている人の場合は、上記の条件に該当する人が多いのではないでしょうか。

例えばフリーランスとして個人事業主になっている人や、給与を受け取っているがnote(ノート)を含む副業収入が年間20万円以上ある人は該当する可能性が高くなります。

note(ノート)の税金と確定申告の具体的な方法は?

note(ノート)の税金と確定申告の具体的な方法についてですが、基本的には税理士などの専門家に依頼して確定申告を行うか自分で確定申告を行うかのどちらかになります。

ただし税理士などの専門家に依頼する場合には、数万円から数十万円の費用がかかってしまうので、note(ノート)を含めて大きな利益をえている人ではないとあまりおすすめできません。

note(ノート)で利益をえている人の中でも多いのが、自分で確定申告を行うという方法です。

「税金の知識が全くない」という人は不安になるかもしれませんが、フリーの会計ソフトなどを利用すると税金の知識がない人でも比較的簡単に確定申告書を作成することができますよ。

会計ソフトの中には無料版や有料版がありますが、毎年しっかりと確定申告を行なっていくのであれば多機能でサポート付きの有料版などがおすすめです。

また、会計ソフトを利用してもわからない部分があれば、最寄りの税務署などでわからない部分を電話相談することもできます。

税務署への電話相談であれば無料で行えるので、費用をかけずに税金に関するわからない部分を問い合わせることが可能です。

note(ノート)の売上の勘定科目は?

note(ノート)で利益を出している人の場合、立った売上を勘定科目に記帳していく必要がありますよね。

すでに売上として振り込まれているものに関しては、事業所得や雑所得にて計上していくことになるでしょう。

ただしどの勘定科目を利用するのかは、その人の雇用形態や状況によっても異なってきます。

また売上金額として溜まっているもので振込がされていないものなどに関しても、状況に応じて売掛金などで処理していくことになるでしょう。

こちらも人によって処理の仕方が異なるため、詳しくは管轄の税務署にて相談してみるのがおすすめです。

一度税務署にて勘定科目の相談に乗ってもらえれば、あとは自分で処理できるのでわからないものに関しては一度相談するクセをつけておくのもおすすめですよ。

note(ノート)を購入した場合には、税金の節約ができる可能性がある

ここまで、note(ノート)で作品を有料化して利益をえた場合の確定申告の仕方や必要性などに関して解説してきました。

しかしnote(ノート)を販売する側ではなく購入する側であっても、必要に応じて確定申告でnote(ノート)の購入代金を申告する必要があります。

例えば、利益が出ているビジネスにおいて、利益をあげるためにnote(ノート)で情報商材を購入し他のであれば新聞図書費などの項目で経費計上することが可能です。

基本的に青色申告などの場合には、売上から経費を差し引いた分に税金がかけられる仕組みになっているので経費は漏れなく申告する事で節税にも繋がってきます。

普段はnote(ノート)にて作品を販売しているという人であっても、作品を販売するためのノウハウを別の人のnote(ノート)で購入していれば経費として計上できますので、漏れなく申告するのがおすすめですよ。

note(ノート)の税金と確定申告を分かりやすく解説まとめ

今回は、note(ノート)の税金と確定申告を分かりやすく解説してきました。

個人が作品などを有料にて売買できるnote(ノート)では、売上や利益に応じて確定申告や税金の支払いが必要になってきます。

ただし確定申告の条件や税金支払いの必要性などは、その人の状況や利益の額などによっても異なるため、最寄りの税務署などに電話相談しながら行うのが良いでしょう。

またnote(ノート)で得た利益の他にも、note(ノート)にて他の人の作品などを購入した場合には、経費として計上できる場合があります。

場合によっては税金の節約にも繋がってくるので、漏れなく申告するようにしましょう。

【最初に押さえておきたい大手&報酬の良いおすすめASPランキング】

【1位】もしもアフィリエイトの詳細ページはこちらから(Wアップ報酬で12%追加報酬があるので特におすすめ)

【2位】A8.netの詳細ページはこちらから

【3位】afbの詳細ページはこちらから

【4位】タウンライフアフィリエイトの詳細ページはこちらから(高単価&高承認率の独自案件が多数あり)

-note(ノート)

Copyright© ゼロからはじめるアフィリエイト , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.