ゼロからはじめるアフィリエイト

アフィリエイトの方法やASPに関する情報をメインに発信しています

 【ご相談やお問い合わせについて】

広告掲載などのお問い合わせがありましたら下記よりご連絡下さい

>>ご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ

楽天アフィリエイト

楽天アフィリエイトのITP2.0の影響を詳しく解説

投稿日:

【おすすめのASP-もしもアフィリエイト】

・Wアップ報酬を用意しておりデフォルトの単価に10%分上乗せしてで報酬を払ってくれる

・プレミアム報酬制度があり新規の対象案件で1万円以上の成果を上げると最大1案件につき3万円貰える(最大3万円x4案件=12万円)

・楽天アフィリエイトは直でやるとある一定の金額迄は楽天ポイント支払いなのですが、もしもアフィリエイト経由であれば日本円で振り込んで貰う事が可能です

・キーワードマッチ機能があり登録したサイトのキーワードにマッチしている広告を自動で検出して教えてくれる機能あり

・担当者も付きやすく特別単価の相談もしやすい

>>もしもアフィリエイトの登録がまだの方はこちらから

【おすすめASP-もしもアフィリエイト】

Wアップ報酬で通常報酬にデフォルトで10%上乗せ!更にプレミアム報酬制度で対象新規案件で1万円以上確定で1~3万円を別途上乗せ!

>>もしもアフィリエイトの登録がまだの方はこちらから

【おすすめASP-もしもアフィリエイト】

Wアップ報酬で通常報酬にデフォルトで10%上乗せ!更にプレミアム報酬制度で対象新規案件で1万円以上確定で1~3万円を別途上乗せ!

>>もしもアフィリエイトの登録がまだの方はこちらから

楽天アフィリエイトを始めて間もないようなアフィリエイト初心者の方でもITPというワードを聞いたことがあるのではないでしょうか。

口コミなどを見ていると、Apple社のSafariにてITPが導入されたとアフィリエイターの間でも話題になったためです。

AppleのSafariで導入されたこのITP2.0とは、一体どのようなものなのでしょうか。

またITP2.0が導入されたことにより、アフィリエイトにどのような影響を与えるのでしょうか。

そこで今回は、楽天アフィリエイトのITP2.0の影響を詳しく解説していきます。

楽天アフィリエイトのITP2.0の影響を詳しく解説


今年はApple社のITP2.0実装がインターネットビジネスをしている方々の中でも何かと話題になりました。

SafariにITP2.0が実装される前から、アフィリエイト業界に激震が走るのでは?という噂もあったようです。

そもそもITP2.0とは?

そもそもITP2.0のITPとは、Intelligent Tracking Preventionの略です。

プライバシーの保護やセキュリティーの強化を目的として開発されたもので、有名な機能の1つがCookieを制御するというものです。

Cookieとは、アクセスしたサイトの閲覧履歴やログイン情報などを記録するためのものになっています。

以前まで実装されていたITPに関しては、Safariを利用すると付与されたCookie24時間で無効となるという制御が働いていました。

しかし新たに実装されたITP2.0では、Safariを利用すると付与されたCookieは即無効となるという制御が働くことになったのです。

楽天アフィリエイトはCookieが重要な成果発生のカギ

このCookieという機能、実は楽天アフィリエイトではとても重要な役割を果たしています。

それは成果発生の条件として、楽天アフィリエイト側がCookieの有効期限を30日に設定しているためです。

楽天アフィリエイトでCookieが30日間有効になるというのは、簡単に言えば以下のような意味があります。

  • 楽天アフィリエイトリンクを踏んで、そのまま広告収入に繋がらなかった
  • それでも30日間以内に商品を購入してくれれば、アフィリエイトの成果が発生する

つまりユーザーがアフィリエイトリンクを踏んですぐに商品を購入しなくても、Cookieという機能が30日間は、リンクを踏んだということを覚えていてくれるのです。

その結果、Cookieの有効期限内であれば成果報酬が発生すると見なされて、アフィリエイターに報酬が発生します。

Cookieが即無効になるITP2.0は楽天アフィリエイトの成果を無効にするのか?

30日間有効になるCookieによって、期間内であれば再訪問での購入でも報酬が発生する楽天アフィリエイト。

しかしCookieを即無効にするITP2.0が実装されれば、記録していたメモがすぐ消されてしまうようなものです。

そのためたとえ30日以内の再訪問であっても、記憶されずに無効となり報酬が発生しない危険性がありますよね。

現在のところ楽天アフィリエイト側では、ITP2.0の影響によって直接の大きな被害がでたということはないようです。

そのため楽天アフィリエイト側としても、早急に対応する必要はないと判断しており、特に処置を行なった形跡はありません。

またITP2.0が導入されてからも楽天アフィリエイトが好調であるという口コミから、実際に大きな影響が出ているとは考えにくくなっています。

そのため、今のとくにITP2.0の影響を心配する必要はなく、今まで通りにサイト運営を行なっていっても問題はないようです。

ただし今後もITPはどんどんバージョンアップして実装される可能性があります。

今のところは楽天アフィリエイトに大きな影響を及ぼす心配はないようですが、今後の動向にも注意をした方が良いでしょう。

楽天アフィリエイトのITP2.0の影響を詳しく解説まとめ

今回は、楽天アフィリエイトのITP2.0の影響を詳しく解説してきました。

Apple社のSafariブラウザで実装されたITP2.0は、cookieを即無効にする機能を持ったシステムです。

本来はプライバシーの保護やセキュリティ強化のために導入されたものですが、アフィリエイターの心配のタネにもなっていました。

中でも楽天アフィリエイトは30日間cookieが有効になるという点から、報酬に大きな影響が及ぶのではと心配されていたようです。

しかし現在のところITP2.0による楽天アフィリエイトへの大きな影響はなさそうです。

そのため、特に対策をする必要もなくこれまで通りサイトを運営していっても大丈夫なようですね。

ただし、今後新しいITPが導入されることで何かしらの影響がでる可能性もあります。

そのためITPについては、今後も最新情報をこまめにチェックしておくのが良いでしょう。

【おすすめのASP-もしもアフィリエイト】

・Wアップ報酬を用意しておりデフォルトの単価に10%分上乗せしてで報酬を払ってくれる

・プレミアム報酬制度があり新規の対象案件で1万円以上の成果を上げると最大1案件につき3万円貰える(最大3万円x4案件=12万円)

・楽天アフィリエイトは直でやるとある一定の金額迄は楽天ポイント支払いなのですが、もしもアフィリエイト経由であれば日本円で振り込んで貰う事が可能です

・キーワードマッチ機能があり登録したサイトのキーワードにマッチしている広告を自動で検出して教えてくれる機能あり

・担当者も付きやすく特別単価の相談もしやすい

>>もしもアフィリエイトの登録がまだの方はこちらから

【初心者が必ず押さえておきたいASP-a8.net】

・全ジャンルの広告案件を取扱っており広告取扱量が一番多いためが初心者がはじめに必ず登録しておきたいASP

・ITP2.0にも対応しており成果発生時の正確性が高い

・もしもアフィの方がA8より10%上乗せや特単交渉がしやすいのでもしも(メイン)+A8(サブ)という使い方がおすすめ

>>A8.net(エーハチネット)の登録がまだの方はこちらから

-楽天アフィリエイト

Copyright© ゼロからはじめるアフィリエイト , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.