ゼロからはじめるアフィリエイト

アフィリエイトの方法やASPに関する情報をメインに発信しています

 【ご相談やお問い合わせについて】

広告掲載などのお問い合わせがありましたら下記よりご連絡下さい

>>ご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ

楽天アフィリエイト

楽天アフィリエイトの税金と確定申告の方法を分かりやすく解説

投稿日:

【最初に押さえておきたい大手&報酬の良いおすすめASPランキング】

【1位】もしもアフィリエイトの詳細ページはこちらから(Wアップ報酬で12%追加報酬があるので特におすすめ)

【2位】A8.netの詳細ページはこちらから

【3位】afbの詳細ページはこちらから

【4位】マネートラックの詳細ページはこちらから

【最初に押さえておきたい大手&報酬の良いおすすめASPランキング】

【1位】もしもアフィリエイトの詳細ページはこちらから(Wアップ報酬で12%追加報酬があるので特におすすめ)

【2位】A8.netの詳細ページはこちらから

【3位】afbの詳細ページはこちらから

【4位】マネートラックの詳細ページはこちらから

【最初に押さえておきたい大手&報酬の良いおすすめASPランキング】

【1位】もしもアフィリエイトの詳細ページはこちらから(Wアップ報酬で12%追加報酬があるので特におすすめ)

【2位】A8.netの詳細ページはこちらから

【3位】afbの詳細ページはこちらから

【4位】マネートラックの詳細ページはこちらから

アフィリエイトで収入を得ている人の中には、確定申告を自分でやっているという人もいるでしょう。

本業でも副業でも一定の収益を出しているのであれば、アフィリエイトは確定申告を行う必要があります。

ただし楽天アフィリエイトの場合、報酬を楽天スーパーポイントのままにしているという人も多いのではないでしょうか。

楽天スーパーポイントはただのポイントであり現金ではありませんが、確定申告を行う必要があるのかどうか迷うところですよね。

そこで今回は、楽天アフィリエイトの税金と確定申告の方法を出来るだけ分かりやすく解説していこうと思います。

楽天アフィリエイトの税金と確定申告の方法を分かりやすく解説

楽天アフィリエイトをはじめとする、アフィリエイトで収益をあげている人であれば、確定申告の必要がある人も多いでしょう。

楽天アフィリエイトは確定申告の必要がある?

楽天アフィリエイトで収益をあげている人であれば、確定申告の必要がある可能性があります。

基本的に楽天アフィリエイトなどのアフィリエイトで得た現金収入は、「雑所得」に分類されることになります。

そしてこの雑所得が20万円を超過する場合には、基本的に確定申告を行う必要があるのです。

詳細な状況は人によっても異なりますので、自分が確定申告をする必要があるのかどうかは「国税庁の公式サイト」にて、確定申告の条件を確認してください。

楽天アフィリエイトの確定申告は商品購入の発生日・確定日・振込日どこでその年の報酬を区切るの?

確定申告はその年の1月1日〜12月31日までの期間の収入・支出、医療費・扶養親族の状況などから所得を計算した申告書を税務署に提出する作業です。

つまり確定申告の条件を満たしていれば、1月1日〜12月31日の楽天アフィリエイトで得た収益も申告する必要があります。

しかし楽天アフィリエイトの確定申告をする場合、成果が発生した日・確定日・振込日などによって月をまたいでしまう場合がありますよね。

たとえば楽天アフィリエイトで12月に発生した報酬が1月に確定し、2月に振り込まれた場合、前年と今年のどちらで申告すれば良いのでしょうか。

これは基本的に人によっても見解が分かれます。

もらえることが確定した時点というのが、基本的な考え方にはなりますので、売上が確定した時点か実際に振り込まれたタイミングになるでしょう。

どちらが正しいのかは非常にあやふやなところであり、多くのアフィリエイターは自分でどちらかに決めて統一しているという人が多いようです。

そのため振込ベースで見ている人もいれば、売上確定時点で見ている人もいます。

楽天アフィリエイトの確定申告をする場合も、一年を通してどちらのベースで申告するかを決めておきましょう。

楽天ポイントは確定申告が必要なの?

楽天アフィリエイトでは、報酬を楽天スーパーポイントでもらっているという人も多いでしょう。

「楽天スーパーポイントはお金ではないので、確定申告は不要」と思っている人もいるかもしれません。

しかし楽天スーパーポイントも、状況に応じて申告する必要があるようです。

ネットの口コミや実際に申告した人の報告などを調べてみたのですが、楽天スーパーポイントを申告するかどうかは、申告する年度や申告する場所、相談する税理士によっても以下のように見解が分かれているようです。

  1. 楽天スーパーポイントでも一定額(20万円分以上など確定申告の必要がある条件を満たす額)の報酬を得ているなら申告すべき
  2. 楽天スーパーポイントで報酬を得ており、そのポイントを一定額(20万円分以上など確定申告の必要がある条件を満たす額)以上消費しているのであれば申告すべき

1の場合には、楽天スーパーポイントが現金などの扱いと同様に、稼いだ分が一定額を超えるのであれば報酬を申告する必要があると言っています。

しかし2の場合には、稼いだポイントの額に関係なく、消費した額が一定額を越えれば申告をする必要があると言っているのです。

どちらが正しいのかは、確定申告をする地域や担当の税理士によっても意見が異なるようで非常にあやふやではあります。

また楽天アフィリエイトの中でも、明確な答えは記載されておらず、管轄官庁(地元の税務署等)に確認してくださいという記載があるのみです。

よって、楽天スーパーポイントを申告するかしないかは、確定申告を行う税務署などに確実確認する必要があります。

少々面倒ではありますが、確定申告の必要がある可能性があるのであれば、確認しておいた方が良いでしょう。

楽天アフィリエイトの税金と確定申告の方法を分かりやすく解説まとめ

今回は、楽天アフィリエイトの税金と確定申告の方法を分かりやすく解説してきました。

楽天アフィリエイトで一定額の報酬を得ているのであれば、確定申告をしなければならない可能性が高くなります。

ただし楽天アフィリエイトの場合には、楽天ポイントで報酬が付与されている人も多く、確定申告の条件が非常にあいまいです。

また確定申告で申告する収入の発生日に関しても、人によってベースとする日が異なります。

また確定申告を行う地域の税務署によっても、楽天ポイントを申告するのかしないのかの回答が異なるようです。

通常のアフィリエイトよりも楽天アフィリエイトの確定申告は複雑になりますので、税務署などに相談しながら申告するのが良いでしょう。

確定申告の会場でも、税理士に無償で相談できるコーナーなどもありますので、まずは気軽に問い合わせをしてみるのがおすすめです。

【最初に押さえておきたい大手&報酬の良いおすすめASPランキング】

【1位】もしもアフィリエイトの詳細ページはこちらから(Wアップ報酬で12%追加報酬があるので特におすすめ)

【2位】A8.netの詳細ページはこちらから

【3位】afbの詳細ページはこちらから

【4位】マネートラックの詳細ページはこちらから

-楽天アフィリエイト

Copyright© ゼロからはじめるアフィリエイト , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.