ゼロからはじめるアフィリエイト

アフィリエイトの方法やASPに関する情報をメインに発信しています

旅行のアフィリエイトをする方法・ASPで取り扱いがあるのはどこ?

【おすすめのASP-もしもアフィリエイト】

f:id:webwebweblog:20180613175031j:plain

・Wアップ報酬を用意しておりデフォルトの単価に10%分上乗せしてで報酬を払ってくれる

・プレミアム報酬制度があり新規の対象案件で1万円以上の成果を上げると最大1案件につき3万円貰える(最大3万円x4案件=12万円)

・楽天アフィリエイトは直でやるとある一定の金額迄は楽天ポイント支払いなのですが、もしもアフィリエイト経由であれば日本円で振り込んで貰う事が可能です

・キーワードマッチ機能があり登録したサイトのキーワードにマッチしている広告を自動で検出して教えてくれる機能あり

・担当者も付きやすく特別単価の相談もしやすい

>>もしもアフィリエイトの登録がまだの方はこちらから

【おすすめASP-もしもアフィリエイト】

Wアップ報酬で通常報酬にデフォルトで10%上乗せ!更にプレミアム報酬制度で対象新規案件で1万円以上確定で1〜3万円を別途上乗せ!

【おすすめASP-もしもアフィリエイト】

Wアップ報酬で通常報酬にデフォルトで10%上乗せ!更にプレミアム報酬制度で対象新規案件で1万円以上確定で1〜3万円を別途上乗せ!

f:id:webwebweblog:20180610204616j:plain

アフィリエイトのジャンルの中には「旅行」というジャンルがあります。旅行アフィリエイトとはどういうものかというと、例えば旅行先で宿泊するホテルを安く予約できるサイトを紹介したり、旅行グッズを紹介したり、旅行のツアーを紹介したりと、幅広い案件があります。

その分、キーワード選定なども鍵になってくるアフィリエイトと言えるでしょう。 では、旅行のアフィリエイトをする方法や、旅行アフィリエイトの取り扱いがあるASPはどこなのでしょうか。

また、旅行関連のアフィリエイトに関する需要や、そのマーケット情報、旅行関連アフィリエイトの報酬収益性、ユーザーに訴求するべきポイントなどを調べてみました。

旅行のアフィリエイトをする方法・ASPで取り扱いがあるのはどこ?

旅行のアフィリエイトの需要とマーケット情報

まず、旅行関連のアフィリエイトの需要とマーケット情報について調べてみようと思います。

旅行は、今でも趣味を旅行にしている人は多いですし、連休はどこかに旅行に行くという方も多いでしょう。

ですから、需要は絶え間なくあるアフィリエイトジャンルと言えると思います。 また、流行り廃りが多いアフィリエイトジャンルの中で、旅行関連のアフィリエイトは普遍的に需要があるので、これから先もまず需要がなくなることはありえないアフィリエイトジャンルと言っても良いと思います。

マーケット情報に関しても、旅行自体の需要がなくならないので、これからも旅行関連アフィリエイトの案件は存在し続けると考えられるので一定のマーケットはあると考えられます。

旅行のアフィリエイトの報酬と収益性

旅行関連アフィリエイトの報酬単価は、1件いくらというよりも、ユーザーがアフィリエイトリンクを介してホテルやツアーなどを予約した際に、○%の報酬が受け取れるというような、パーセンテージによる報酬の支払いになっていることが多いです。

そのパーセンテージから導かれる旅行アフィリエイトの平均単価は、約2,000円〜5,000円くらいの場合が多いようです。

パーセンテージは5%〜50%くらいの割合が見受けられました。

また、ツアーの予約で1,000円〜3,000円くらいの報酬といった場合もあります。

中にはある一定の成約後にボーナスで5万円前後の報酬支払いがあるといったアフィエイト案件もあるようです。

旅行アフィリエイトの収益性としては、報酬単価としてはそれほど悪くないので、収益性は比較的高いと言えると思います。

ただし、後述しますが、旅行アフィリエイトの場合、成果が発生してもキャンセルなどで非承認となる場合も多いのでその点で言えば収益性はただ単に高いとは言えないということになります。

旅行アフィリエイトの成果発生・確定条件

旅行アフィリエイトの成果発生・確定条件としましては、旅行アフィリエイトリンクを介して、ユーザーが旅行ツアーを申し込んだり、ホテルを予約したりした際に成果が発生します。

また、旅行関連グッズのアフィリエイトであれば、その商品について新規購入があった時に成果が発生します。

ただし、旅行アフィリエイトの場合問題となるのは確定条件の方で、旅行アフィリエイトでは成果が発生したにも関わらず非承認となる場合が多くあるようです。

その理由としては、たくさんホテルを予約しておいて、一番安く取れたホテル以外キャンセルをしたりするユーザーが多く、旅行アフィリエイトの確定条件を満たせないからという理由が多いようです。

旅行アフィリエイトは承認率が低いアフィリエイトの一つだと言えそうです。

旅行アフィリエイトのターゲットやおすすめの訴求ポイント

旅行アフィリエイトのターゲットは、以下のようなターゲットが考えられます。

・旅行好きの20代〜50代の女性

・少しでも安く旅行をしたいと思っている方

・連休などで旅行の計画を練る必要がある20代〜50代の男性

・一つのサイトで旅行先からホテルまでを決めてしまいたい方

旅行アフィリエイトのターゲットとなるのは様々な人ですが、特に多いのはやはり旅行好きの20代〜50代くらいの女性です。

また、そういった中でも「少しでも安く旅行を楽しみたい」と思っている方が旅行アフィリエイトのメインターゲットになります。

旅行アフィリエイトの訴求ポイントですが、やはり旅行アフィリエイトリンクを介してツアーやホテルを予約するとそれくらいお得になるかというお得感の演出が最重要になってきます。

また、ホテルなどを紹介する場合はそのホテルそれぞれにどのような特徴があって、ユーザー側の希望にマッチするホテルを紹介することができるかどうかで訴求の効力が違ってきます。

ただ旅行アフィリエイトの基本は「お得に旅行がしたい」というユーザーの希望を満足させることなので、訴求ポイントもやはりお得感をどれだけ伝えることができるのかがポイントになってくるでしょう。

旅行アフィリエイトの広告案件

・ホテル・宿予約サイト【じゃらんnet】(アクセストレード)

・TripAdvisor(アクセストレード)

・Hotels.com(アクセストレード)

・新幹線/特急列車/飛行機で行く 国内ツアー【駅探】(アクセストレード)

・株式会社ぐるなび【ぐるたび】(アクセストレード)

・スカイチケットレンタカー(アクセストレード)

・ホテルの宿泊予約サイト「Relux(リラックス)(もしもアフィリエイト)

・楽天トラベル(もしもアフィリエイト)

・民泊物件.com(afb)

・リロバケーションズ宿泊予約(アクセストレード)

・旅行予約のエクスペディア【Expedia Japan】(バリューコマース)

・海外・国内ホテル格安予約のアゴダ(agoda)(バリューコマース)

・国内温泉・宿の宿泊予約【ゆこゆこネット】(afb)

・ポケカル(アクセストレード)

・高速バスドットコム(アクセストレード)

参考アフィリエイトASP

・アクセストレード

・もしもアフィリエイト

・afb

・バリューコマース

・A8net

旅行のアフィリエイトをする方法・ASPで取り扱いがあるのはどこ?まとめ

旅行のアフィリエイトをする方法や、旅行アフィリエイトの取り扱いがあるASPについてまとめてみました。

旅行はいつの世にもある一定の需要があるレジャーの一つですから、今後も旅行アフィリエイトの需要は存在し続けるのではないでしょうか。

ただ、旅行アフィリエイトは承認率が低いアフィリエイトジャンルとしても知られていますので、どれだけ戦略的に承認率を高められるかも鍵になってきそうですね。