ゼロからはじめるアフィリエイト

アフィリエイトの方法やASPに関する情報をメインに発信しています

転職のアフィリエイトをする方法・ASPで取り扱いがあるのはどこ?

【おすすめのASP-もしもアフィリエイト】

f:id:webwebweblog:20180613175031j:plain

・Wアップ報酬を用意しておりデフォルトの単価に10%分上乗せしてで報酬を払ってくれる

・プレミアム報酬制度があり新規の対象案件で1万円以上の成果を上げると最大1案件につき3万円貰える(最大3万円x4案件=12万円)

・楽天アフィリエイトは直でやるとある一定の金額迄は楽天ポイント支払いなのですが、もしもアフィリエイト経由であれば日本円で振り込んで貰う事が可能です

・キーワードマッチ機能があり登録したサイトのキーワードにマッチしている広告を自動で検出して教えてくれる機能あり

・担当者も付きやすく特別単価の相談もしやすい

>>もしもアフィリエイトの登録がまだの方はこちらから

【おすすめASP-もしもアフィリエイト】

Wアップ報酬で通常報酬にデフォルトで10%上乗せ!更にプレミアム報酬制度で対象新規案件で1万円以上確定で1〜3万円を別途上乗せ!

【おすすめASP-もしもアフィリエイト】

Wアップ報酬で通常報酬にデフォルトで10%上乗せ!更にプレミアム報酬制度で対象新規案件で1万円以上確定で1〜3万円を別途上乗せ!

f:id:webwebweblog:20180601020440j:plain

終身雇用という言葉が信憑性を失ってから、転職市場はより盛り上がりを見せています。それに伴い、転職に関するアフィリエイトの市場もこれまで以上に盛り上がりを見せるようになりました。

転職をしようと考えた場合、転職サイト転職エージェントなどを使う方がまだまだ多いので、転職アフィリエイトは高い需要を誇っています。

では、転職のアフィリエイトをする方法はどのような方法があるのでしょうか。また、転職アフィリエイトを取り扱っているASPはどこになるのでしょうか。

転職アフィリエイトに関しまして、その需要マーケット情報、また転職アフィリエイトの報酬収益性訴求するべきポイントなどについてまとめてみました。

転職のアフィリエイトをする方法・ASPで取り扱いがあるのはどこ?

転職のアフィリエイトの需要とマーケット情報

まずは、転職アフィリエイトの需要とマーケット情報について見ていきましょう。 転職市場は、冒頭でも書かせていただいた通り、今とても盛り上がっている市場です。

そしてそれに伴い、転職アフィリエイトも高い需要があります。 転職アフィリエイトに関しては、転職サイトの紹介や転職エージェントの紹介など、アフィリエイト案件も豊富で、さらには新しい転職斡旋サービスなども次々に誕生しているような状況です。

そんな中、転職アフィリエイトのマーケットは広がりを見せているような現状です。

一方で、だからこそ転職アフィリエイトに取り組んでいるアフィリエイターの方も多く転職アフィリエイトはそういう意味では激戦区なジャンルと言えると思います。

転職のアフィリエイトの報酬と収益性

転職アフィリエイトの報酬単価は1件で5,000円〜15,000円前後とアフィリエイトの中でも比較的高い部類に入っています。

転職サイトの会員登録で数千円というアフィリエイト案件も多いです。 転職アフィリエイトの場合、段階的に報酬が設定されていることもあり、サイト登録で2,000円の報酬、無料カウンセリング予約で10,000円といったような段階を踏んで報酬が発生する仕組みも存在します。

転職アフィリエイトの収益性についてですが、転職アフィリエイトは収益性の高いアフィリエイトジャンルと言うことができると思います。

転職アフィリエイトの成果発生・確定条件

転職アフィリエイトの成果発生、確定条件についてですが、転職アフィリエイトの場合転職サイトへの誘導や転職エージェント登録への誘導などが主になるので、それらのサイトにユーザーが登録することで成果が発生することになります。

そして転職アフィリエイトの確定条件についてですが、転職アフィリエイトでは、ユーザーがサイトなどに登録した後に、電話などによる本人確認がなされた時に確定となることが多いです。

メールアドレスだけの登録だけではなく、きちんと本人確認がされてサイトを利用する意思が確認できた時に確定するということですね。

また、実際に転職エージェント会社などに来社をして無料カウンセリングやヒヤリングを受けた段階で確定する場合などもあります。

転職アフィリエイトのターゲットやおすすめの訴求ポイント

転職アフィリエイトのターゲットは、以下のような方になります。

・今すぐ転職をしたい

・転職をして年収アップを狙いたい

・転職に有利な年齢が終わりそうなので今のうちに転職したい

・とりあえず転職サイトに登録だけしておいて、条件が良い案件があったら転職したい

当然ですが、転職アフィリエイトにおけるメインターゲットとなるのは転職をしたいと考えている方になります。

それも「今すぐにでも転職したい」と考えている方の方がより発生率や確定率の高いユーザーと言うことができるでしょう。

また、今すぐにでも転職をする必要がない方でも、現状の給料に満足しておらず、より条件の良い求人があれば転職をしたいと考えている方もいらっしゃいます。

こうしたターゲットは「今すぐではないけど、年収がアップするような求人を探したい」と考えているケースが多いので、そういった部分を訴求ポイントにすることができます。

また、転職市場は年齢によっても選べる求人が変わってくるので、年齢別に「転職するならそろそろかな」と考えている方もターゲットになります。

そうしたターゲットの場合「年代別に今、転職をどう考え行動するべきか」といったコンテンツが好まれるので、訴求ポイントとしても有効かと思われます。

転職アフィリエイトの広告案件

・人材紹介・転職なら「マイナビAGENT」(アクセストレード)

・マイナビAGENT×IT(アクセストレード)

・リクルートエージェント(afb)

・リクナビNEXT(afb)

・ワークポート(アクセストレード)

・リクルートスタッフィング(アクセストレード)

・転職サイト@type(アクセストレード)

・IT・Webエンジニア専門の転職‐レバテック キャリア-(アクセストレード)

・フリーター就職・既卒就職なら【JAIC】(アクセストレード)

・マイナビジョブ20's(アクセストレード)

・就活サイトに一括登録・管理出来るスマートな就活サービス「イッカツ」(アクセストレード)

・パーソルキャリア株式会社【DODA】(もしもアフィリエイト)

・type転職エージェント(afb)

・転職エージェントのパソナキャリア(afb)

・BIZREACH(ビズリーチ)(afb)

参考アフィリエイトASP

・アクセストレード

・もしもアフィリエイト

・afb

・バリューコマース

・A8net

転職のアフィリエイトをする方法・ASPで取り扱いがあるのはどこ?まとめ

転職のアフィリエイトをする方法や、転職アフィリエイトで取り扱いがあるASPなどの情報についてまとめてみました。

また、転職アフィリエイトの需要や収益性などについてもできる限り詳細にまとめさせていただきました。

転職アフィリエイトは、転職市場の盛況とあいまって需要が高まっているジャンルです。

それゆえに参入しているアフィリエイターも多い激戦区となっていますが、転職をしたいと思っているユーザーに対してきちんと訴求できれば、まだまだチャンスのあるアフィリエイトジャンルと言えると思います。