ゼロからはじめるアフィリエイト

アフィリエイトの方法やASPに関する情報をメインに発信しています

カテゴリー

 【ご相談やお問い合わせについて】

広告掲載などのお問い合わせがありましたら下記よりご連絡下さい

>>ご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ

アフィリエイト

金融系のアフィリエイトをする方法・ASPで取り扱いがあるのはどこ?

投稿日:

【最初に押さえておきたい大手&報酬の良いおすすめASPランキング】

【1位】もしもアフィリエイトの詳細ページはこちらから(Wアップ報酬で追加報酬があるので特におすすめ)

【2位】afbの詳細ページはこちらから

【3位】A8netの詳細ページはこちらから

【最初に押さえておきたい大手&報酬の良いおすすめASPランキング】

【1位】もしもアフィリエイトの詳細ページはこちらから(Wアップ報酬で追加報酬があるので特におすすめ)

【2位】afbの詳細ページはこちらから

【3位】A8netの詳細ページはこちらから

【最初に押さえておきたい大手&報酬の良いおすすめASPランキング】

【1位】もしもアフィリエイトの詳細ページはこちらから(Wアップ報酬で追加報酬があるので特におすすめ)

【2位】afbの詳細ページはこちらから

【3位】A8netの詳細ページはこちらから

アフィリエイトで大きく稼げるジャンルとして有名なのが金融系のアフィリエイトです。

誰でも一度は金融系のアフィリエイトに興味を持ったことがあるのではないでしょうか。

一口に金融系といっても様々なジャンルがあります。

クレジットカードや証券会社などは最も難易度が高いアフィリエイトジャンルでしょう。

そこで今回は金融系のアフィリエイトにはどのようなものがあるのか?アフィリエイトする方法や取扱のあるASPなどをまとめてみました。

金融系のアフィリエイトをする方法・ASPで取り扱いがあるのはどこ?

金融系のアフィリエイトの需要とマーケット情報

金融系のアフィリエイトをジャンル分けして、アフィリエイトの需要とマーケット情報を見ていきましょう。

まず金融系アフィリエイトは以下のように分類できます。

・保険:生命保険、医療保険、自動車保険

・投資系:株式投資、FX、仮想通貨(暗号資産)

・クレジットカード

・カードローン

世間的には金融系といえば銀行を真っ先に思い浮かべる人が多いでしょうが、アフィリエイトの世界では銀行は報酬が低いため対象外にしてよいでしょう。

まず金融系ジャンル「保険」のマーケット規模は32兆円です。

すでに9割の世帯が生命保険に加入していますが2021年度も1,200万件もの新規加入件数がありました。

高い保険から保険料が安く保証内容が良い保険への乗り換え需要は非常に高いといえるでしょう。

アフィリエイト広告も豊富にあるため、アフィリエイト需要は今後も高い水準で推移する見込みです。

次に金融系ジャンル「投資」です。

証券会社やFX業者、仮想通貨(暗号資産)取引所のアフィリエイトが可能です。

まだまだ預貯金メインで投資系の口座を保有している人は多くありません。

政府がつみたてNISAなどを後押ししているため、これからも証券会社のアフィリエイト需要は増加するでしょう。

また数年前は仮想通貨(暗号資産)ブーム、現在はFXに注目が集まっています。

投資を始める新規参入者が増え続けているため、マーケットは拡大中です。

アフィリエイト広告もふんだんにあるため、アフィリエイト需要は充分でしょう。

金融系アフィリエイト「クレジットカード」のマーケットも順調に拡大中です。

2020年度のマーケット規模は70兆円でしたが、2026年度には124兆円に達するとの予測がでていました。

キャッシュレス化が進む中、クレジットカードのアフィリエイトはますます需要を見込めるはずです。

金融系ジャンル最後は「カードローン」です。

こちらの貸付残高は法律の影響で年々右肩下がり。

マーケット自体は縮小中です。

ただし、ASPではカードローンのアフィリエイト広告数は充分になります。

マーケットは小さくなりつつありますが、カードローンも金融系ジャンルとして見逃せません。

金融系のアフィリエイトの報酬と収益性

金融系のアフィリエイト報酬と収益性を各ジャンル別で見比べてみましょう。

・自動車、火災保険:1,000円〜2,000円

・生命保険:10,000円〜12,000円

・投資系(株式・FX・暗号資産):2,000円〜15,000円

・クレジットカード:1,000円〜15,000円

・カードローン:3,000円〜15,000円

金融系のジャンルのうち「自動車保険・火災保険」のアフィリエイト報酬が低めです。

しかしとくに自動車保険は見直しをかけやすいため、金融系ジャンルの中ではアフィリエイトの成約がしやすいはずです。

そのためアフィリエイトの収益性は悪くありません。

一方、生命保険のアフィリエイト報酬は高いのですが、成約率でいうと自動車保険には劣る可能性が高いです。

アフィリエイトの収益性の観点からいうと、自動車保険と生命保険はさほど変わらないかもしれません。

この他の金融系ジャンルのアフィリエイト報酬は各ASPによって、各アフィリエイト広告によって大きく異なっていました。

金融系ジャンルだからといってもそれほどアフィリエイト報酬が高くない案件は数多くあります。

収益性を最大化させるためには、どの金融系ジャンルを選ぶか、どのアフィリエイト広告を選ぶのかが重要になってくるでしょう。

金融系のアフィリエイトの成果発生・確定条件

金融系のアフィリエイトの成果発生に必要な確定条件は「新規客による契約」です。

ただし生命保険のアフィリエイトだけは「面談」が確定条件ですので、契約に至らなくても成果発生します。

カードローンの場合はASPやアフィリエイト広告によっては「無料診断」が確定条件になっていて、借り入れしなくても成果発生するケースがありました。

金融系の中では「投資系」が一番細かな確定条件がついており、成果発生するかどうかがバラバラでした。

新規口座開設だけで成果発生、入金しなければ成果発生しないケース、一定量の取引がアフィリエイトの成果発生の確定条件のケースなどです。

投資系のアフィリエイトをする際には、詳細ページにて成果発生に必要な確定条件をしっかりとチェックしておいてください。

金融系のアフィリエイトのターゲットやおすすめ訴求ポイント

金融系のアフィリエイトのターゲットやおすすめ訴求ポイントはどのジャンルにするかで大きく異なります。

・生命保険、医療保険、自動車保険の乗り換えを検討している人、新規加入を考えている人

・株式投資、FX、仮想通貨(暗号資産)を始めたい人

・お得なクレジットカードを発行したい人

・カードローンを借りたい人

まず金融系で保険のアフィリエイトをするなら、乗り換えを検討している人をターゲットにしましょう。

すでに保険の重要性を認識しているので、あとは保険料の安さや保証内容を訴求ポイントにしてください。

株式投資などの金融系ジャンルであれば、これから投資を始めたい初心者をターゲットにしましょう。

チャートの見やすさやアプリの使い勝手などを訴求ポイントにしてください。

それから金融系のアフィリエイトは強い強豪サイトが無数に存在します。

「証券会社の選び方」「クレジットカードランキング」「カードローン会社の選び方」のようなキーワードでは上位表示させるのは至難の技です。

少しずらしたキーワード、ターゲット層に金融系アフィリエイトをすると戦いやすいかもしれません。

その場合はターゲット層に合わせて訴求ポイントを変えていくようにしましょう。

金融系のアフィリエイト広告案件

  • ≪インズウェブ≫自動車保険一括見積もりサービス(A8.net)
  • ★即時提携★国内最大級の保険比較・相談サイト【保険コネクト】(A8.net)
  • 住宅保険の窓口|火災保険申請サポートの申込(もしもアフィリエイト)
  • みんなのコイン(アクセストレード)
  • リクルートカード新規発行プログラム (バリューコマース)
  • 来店不要・振込キャッシング【パーソナルクレジット セントラル】(A8.net)
  • LINE証券 FX口座開設 (afb)

参考アフィリエイトASP

  • もしもアフィリエイト
  • アクセストレード
  • A8.net
  • afb
  • バリューコマース

金融系のアフィリエイトをする方法・ASPで取り扱いがあるのはどこ?まとめ

金融系のアフィリエイトでは「保険・投資系・クレジットカード・カードローン」などのジャンルがあります。

アフィリエイト報酬が高いため、どのジャンルでも競争が激しいと言わざるを得ません。

しかしアフィリエイトで収益性をより大きく上げていきたいのであれば、金融系の分野に果敢にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【最初に押さえておきたい大手&報酬の良いおすすめASPランキング】

【1位】もしもアフィリエイトの詳細ページはこちらから(Wアップ報酬で追加報酬があるので特におすすめ)

【2位】afbの詳細ページはこちらから

【3位】A8netの詳細ページはこちらから

-アフィリエイト

Copyright© ゼロからはじめるアフィリエイト , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.