ゼロからはじめるアフィリエイト

アフィリエイトの方法やASPに関する情報をメインに発信しています

カテゴリー

 【ご相談やお問い合わせについて】

広告掲載などのお問い合わせがありましたら下記よりご連絡下さい

>>ご相談やお問い合わせはこちらからどうぞ

アフィリエイト

SANGO(サンゴ)のアフィリエイトをする方法・ASPで取り扱いがあるのはどこ?

投稿日:

【最初に押さえておきたい大手&報酬の良いおすすめASPランキング】

【1位】もしもアフィリエイトの詳細ページはこちらから(Wアップ報酬で追加報酬があるので特におすすめ)

【2位】A8netの詳細ページはこちらから

【3位】タウンライフアフィリエイトの詳細ページはこちらから

【最初に押さえておきたい大手&報酬の良いおすすめASPランキング】

【1位】もしもアフィリエイトの詳細ページはこちらから(Wアップ報酬で追加報酬があるので特におすすめ)

【2位】A8netの詳細ページはこちらから

【3位】タウンライフアフィリエイトの詳細ページはこちらから

【最初に押さえておきたい大手&報酬の良いおすすめASPランキング】

【1位】もしもアフィリエイトの詳細ページはこちらから(Wアップ報酬で追加報酬があるので特におすすめ)

【2位】A8netの詳細ページはこちらから

【3位】タウンライフアフィリエイトの詳細ページはこちらから

SANGO(サンゴ)はサルワカというウェブサイトの製作者が提供しているWordPressの有料テーマです。

ブログ初心者向けのアフィリエイトを考えている方は、SANGO(サンゴ)でアフィリエイトできないか気になるのではないでしょうか。

ブログ初心者向けのアフィリエイトは、収益性の高いレンタルサーバーをアフィリエイトできるのが特徴ですが、WordPressの有料テーマも収益化できる重要な案件となっています。

この記事ではSANGO(サンゴ)のアフィリエイトを扱っているASPはあるのか?またSANGO(サンゴ)と一緒に紹介できるおすすめのアフィリエイト案件について解説します。

SANGO(サンゴ)のアフィリエイトをする方法・ASPで取り扱いがあるのはどこ?

SANGO(サンゴ)のアフィリエイトの需要とマーケット情報

まずはSANGO(サンゴ)のアフィリエイトの需要とマーケット情報を見ていきましょう。

SANGO(サンゴ)はWordPressの有料テーマであることから、WordPressの需要が伸びればSANGO(サンゴ)のアフィリエイトも需要が伸びると考えられます。

WordPressは副業や情報発信のツールとして注目されていることから、需要は期待できます。

WordPressでサイトを開設することで、アフィリエイトサイトを作ったり自分の商品を販売することも可能です。

そのため副業で稼ぎたい人やアフィリエイトで稼ぎたい人の需要が見込めます。

数ある有料テーマのなかでSANGO(サンゴ)は比較的安価でかつ、デザインに優れているという特徴があります。

あまり凝ったカスタマイズをしなくても、デザイン性に優れたサイトを作ることができるため、WordPressをこれから始めようとしている初心者におすすめできる有料テーマです。

SANGO(サンゴ)のアフィリエイトの報酬と収益性

SANGO(サンゴ)をアフィリエイトできるASPはありません。

しかしSANGO(サンゴ)を紹介しつつレンタルサーバーを紹介することは可能です。

以下ようなレンタルサーバーは、定番のレンタルサーバーとなっており成果も出やすいでしょう。

・ConoHa WING 5,500円程度

・エックスサーバー 2,800円程度

・ヘテムル 5,000円程度

レンタルサーバーは3,000円以上の案件が多く収益性の高いアフィリエイトのジャンルとなっています。

レンタルサーバーのアフィリエイト案件は、A8.netに多く扱っています。

またSANGO(サンゴ)以外のWordPressの有料テーマをアフィリエイトすることもできます。

例えば以下の有料テーマはA8.netというASPでアフィリエイト可能となっています。

・ストーク19 20%程度

・アルバトロス 20%程度

・Emanon(エマノン) 10%程度

・ザ・トール 新規購入 6,000円程度

ストローク19とアルバトロスは、オープンケージという有料テーマ販売サイトからアフィリエイト可能となっています。

SANGO(サンゴ)のアフィリエイトの成果発生・確定条件

SANGO(サンゴ)のアフィリエイトをできるASPはありませんが、WordPressの有料テーマをアフィリエイトする場合の成果発生・確定条件は、有料テーマの購入です。

WEBからの注文で成果が発生し、決済完了した時点で成果が確定します。

SANGO(サンゴ)を利用するために必要なレンタルサーバーをアフィリエイトする場合の成果発生・確定条件は、レンタルサーバーの契約です。

レンタルサーバーの申込みで成果が発生して、支払いが行われて実際の本契約が完了すると成果が確定します。

SANGO(サンゴ)のアフィリエイトのターゲットやおすすめ訴求ポイント

SANGO(サンゴ)のアフィリエイトのターゲットは、WordPressを始めようと思っている人やWordPressの有料テーマを探している人です。

他の有料テーマと比べてSANGO(サンゴ)は、シンプルで見やすいという特徴があります。

グーグルが提唱しているマテリアルデザインを取り入れているため、直感的にわかりやすいデザインとなっています。

アフィリエイト目的のサイトの場合はアフィリエイトリンクをクリックしてもらいやすいなどの効果が期待できます。

SANGO(サンゴ)をアフィリエイトできるASPはないため、SANGO(サンゴ)を紹介しつつ別のアフィリエイトを訴求していく必要があります。

レンタルサーバーのConoHa WINGはSANGO(サンゴ)のアフィリエイトと相性がいいおすすめの案件です。

SANGO(サンゴ)とレンタルサーバーのConoHa WINGはコラボしており、ConoHa WINGのWINGパックを契約するとSANGO(サンゴ)の料金が1,000円安くなります。

ConoHa WINGのダッシュボードから簡単にSANGO(サンゴ)を購入して導入できるのもメリットです。

そのためSANGO(サンゴ)を有料テーマとして考えている人は、ConoHa WINGを契約してくれる可能性が高いです。

契約方法やSANGO(サンゴ)の購入方法はやや複雑なため、ConoHa WINGを契約してSANGO(サンゴ)を適用する流れをわかりやすく説明して成果につなげましょう。

SANGO(サンゴ)に興味がある人は、他の有料テーマはどういうものがあるのかといった情報も知りたいはずです。

SANGO(サンゴ)は好みのカスタマイズをすることが難しく、SANGO(サンゴ)を使っているサイトであれば同じようなデザインになりがちです。

SANGO(サンゴ)のデメリットも解説して、もっと自分でカスタマイズしたい人やデザインを自分の好みのものにできる別の有料テーマを訴求していきましょう。

SANGO(サンゴ)のアフィリエイト広告案件

  • 国内最速!初期費用無料の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】(A8.net)
  • ブロガー向けのWordPressテーマ販売【オープンケージ】(A8.net)
  • SEO・デザイン・機能の3拍子揃った国内最高峰のWordPressテーマ「ザ・トール」(A8.net)
  • Web集客に特化したWordPressテーマEmanon[エマノン](A8.net)

参考アフィリエイトASP

  • もしもアフィリエイト
  • アクセストレード
  • A8.net
  • afb
  • バリューコマース

SANGO(サンゴ)のアフィリエイトをする方法・ASPで取り扱いがあるのはどこ?まとめ

SANGO(サンゴ)のアフィリエイトを扱っているASPはありません。

しかしSANGO(サンゴ)は人気の有料テーマのため、SANGO(サンゴ)を紹介しつつ別のアフィリエイトで成果を出すことは可能です。

特にSANGO(サンゴ)とコラボしているConoHa WINGというレンタルサーバーは、おすすめのアフィリエイトです。

ブログ初心者をターゲットにして、ConoHa WINGの契約からSANGO(サンゴ)のテーマを適用させる流れをわかりやすくか説明してアフィリエイトの成果につなげましょう。

【最初に押さえておきたい大手&報酬の良いおすすめASPランキング】

【1位】もしもアフィリエイトの詳細ページはこちらから(Wアップ報酬で追加報酬があるので特におすすめ)

【2位】A8netの詳細ページはこちらから

【3位】タウンライフアフィリエイトの詳細ページはこちらから

-アフィリエイト

Copyright© ゼロからはじめるアフィリエイト , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.